トピックス>> 一覧

2018年1月度 議員活動報告

 皆様におかれましてはご健勝にて活躍の事とお喜び申し上げます。速いもので2月の暦になりました。春が待ち遠しい時期となりましたが、この数日、極寒の日々が続いています。更に、昨年同様市内の学校を始め、役所職員の中でもインフルエンザが猛威を振っています。私は11月に予防接種を受けましたが、接種をしたからと言って油断してはならないようです。感染して辛い思いをする前に、また、医者に掛かれば医療費が上がり健康保険料を上げてしまうことにもなることなどから、手洗いやマスク着用で対策を講じてまいりたいと考えています。皆さんも充分気を付けて行動をしていただければ幸いです。

 本市在住の門井慶喜氏の小説「銀河鉄道の父」が、第158回直木賞に選ばれたという嬉しいニュースが入ってきました。3年前には、本市出身の又吉直樹氏の「火花」が芥川賞を受賞しており、本市の文化度を全国に発信できる嬉しいニュースです。また、本市は、人口減少対策として、「保育所待機児童ゼロ」への対応や、今年オープン予定で現在建設が進んでいる「子育てリフレッシュ館」などの子育て総合支援策に取り組んでいる中、雑誌の「プレジデントウーマン」2月号に、「出産子育てに向く街ランキング」で、大阪府内トップに位置付けられました。このことについても、第3者の評価結果として大変嬉しく思っています。今後においても寝屋川市をPRできる各種施策を市内外に多く発信し、住み良さが実感できる街づくりに向けて取り組んでまいります。

 新年を迎えて以降、各種行事や各団体等の年賀会が開催されますが、ご案内を頂けることに感謝しつつ可能な限り参加し、新春の言葉を交わしてまいりました。残念なことは、行事が重なり、伺うことができない場合や、途中で退席をせざるを得ないことも多く、主催者の方々には申し訳なく感じているところです。

 1月の恒例行事と言えば8日(月)に開催された「成人式」です。今年は、2,398名の新成人が誕生しました。昨年が2,444名でしたので、やはり減少傾向にあることを痛感しています。当日は、時々小雨が降るあいにくの天候でしたが、市民会館に溢れんばかりの新成人が集い、式典が滞りなく執り行われました。女性はやはり振袖姿が多く、お祝いムードに花を咲かせてくれているように感じました。人生の大きな節目を迎え、更に大きく羽ばたいてほしいものです。

 3月定例会が2月27日(火)から3月19日(火)で開催予定です。3月8日に代表質問をする予定になっており、準備を進めてまいります。

平成30年2月吉日
寝屋川市議会議員  松本 順一

【 1 】月度市政相談件数

No. 相談内容 件数 No. 相談内容 件数
1環境行政(ゴミ、公害等) 7福祉行政(老人、障害、保育等)
2教育行政(学校、社会教育等) 8保健・医療行政・ 介護保険(病院等)
3交通安全行政(交通事故、不法駐車等) 9商工農業行政(労働、消費者等)
4上下水道行政(雨、汚水、水等) 10その他(斡旋、事業相談等)
5建設行政(住宅、土地等) 総  件  数34
6土木行政(道路、河川等)