トピックス>> 一覧

2016年4月度 議員活動報告

 4月14日に熊本県を襲う大地震が発生し、5月に入っても余震が続くなか、熊本や大分では甚大な被害が発生しています。死者49名、安否不明者1名、関連死疑い18名、避難1万2845名、建物損壊7万357棟(5月9日時点読売新聞社まとめ)の状況となっています。尊い命を無くされた方々に心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された方々に対してお見舞いを申し上げます。一日も早く、普通の生活に戻れるよう願っているところです。

 寝屋川市議会としても、一人1万円を義援金として当該の議長会に送金するとともに、寝屋川市としても、予備費から200万円を、赤十字社を通じ送金させていただきました。また、行政の窓口には、義援金箱を設置し、市民の皆さんからのお気持ちを受けるとともに、発震2日後の16日から枚方寝屋川消防組合の職員25名が現地へ災害支援に現地に訪れるとともに、本市職員2名が建物の状況を検定するために現地に出向き活動しています。私たちができることを見つけつつ、小さいことでも対応してあげたいものです。

 この地震は、マスコミの報道などを見ていると5年前の東日本大震災とはまた異なる課題が浮き彫りにされています。その内容を精査し、本市においてもいつ起こるかわからない地震に対して体制構築の検証をしなければならないと考えています。「明日は我が身」の思いで対応をしてまいります。

 昨年4月に4期目の当選を果たせていただき、早いもので1年が過ぎました。この間、議長職を拝命し、一日一生の思いで活動させていただきました。次から次へと公務のスケジュールが入り、なかなか自分自身の活動ができない状況が続いてきましたが、5月18日(水)~20日(金)の予定で5月臨時会が開催され、平成28年度の新役員体制が決まることになります。議長職は議会の申し合わせにより1年としているため、私は初日に辞職願を副議長に提出し、受理された後に新議長が決まっていくことになります。最後の最後まで責務を全うし、次期議長にバトンタッチしてまいりたいと考えています。新年度の役職は全く白紙ですが、何になろうともこの貴重な経験を活かし、本市及び本市議会のために粉骨砕身活動してまいりますので、今後ともご支援をよろしくお願いいたします。

 なお、恒例の四季の行事の「潮干狩り」は、6月18日(土)に決定しました。多くの皆さんのご参加を心よりお待ちしています。

平成28年5月吉日
寝屋川市議会議員  松本 順一

【 4 】月度市政相談件数

No. 相談内容 件数 No. 相談内容 件数
1環境行政(ゴミ、公害等)7福祉行政(老人、障害、保育等)
2教育行政(学校、社会教育等)8保健・医療行政・ 介護保険(病院等)
3交通安全行政(交通事故、不法駐車等)129商工農業行政(労働、消費者等)
4上下水道行政(雨、汚水、水等)10その他(斡旋、事業相談等)
5建設行政(住宅、土地等)総  件  数41
6土木行政(道路、河川等)