トピックス>> 一覧

2014年12月度 議員活動報告

 新年明けましておめでとうございます。皆様におかれましては健やかに新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。昨年は私の議員活動や後援会活動に対し大変お世話になり心から厚くお礼申しあげます。本年も変わらぬご指導・ご支援をお願いいたします。

 12月議会が終了した後、配布レポートの作成と並行して年末のあいさつ回りをさせていただきました。例年のごとく12月31日の日が暮れる時間まで、年間の活動のレポートを片手に自家用車と自転車を乗り分けながら訪問いたしましたが、今年も予定した全ての団体やご家庭を回りきることができませんでした。訪問件数を多くしていくべきか、訪問先での挨拶時間を多く取るべきなのかについては、何時も悩むところです。予定した訪問先へは、引き続き新年のあいさつに変えて回っているところです。

 本年の干支(えと)は、「乙未(きのとひつじ)」で、文字の意味するところは「不透明の年」と言われています。この年は、「歴史を鏡」とし「治にいて乱を忘れず」の対応が必要と言われます。私自身、このことを常に思い出しつつ議員活動をさせていただきます。また、「未(ひつじ)」は、「来る」を後につければ「未来」になります。「未来」を創造し、「未来」に向かって着実に進化する年にしていきたいと考えています。

 今年の4月には、統一自治体選挙が挙行されます。将来の寝屋川市の姿を見据え、市民生活の現状の把握に努め、引き続き議会改革を推し進めつつ、市民の幸せづくりと安全なまちづくりに挑戦してまいりますので、昨年にも増して倍旧のご理解とご支援を頂ければ幸いです。

 年始から、朝の7時から1時間半まで、駅の改札口をお借りし、新年(朝)のあいさつと「心・生き・活きレポート」の配布をさせていただいています。寒さが身にしみますが、私の活動や、議員としての思いの一端をお伝えできれば幸いです。駅立ちをしていますと私に対して、労いや励ましの声掛けをしていだくこともあり、そのうれしさから、寒さも一瞬忘れることもあります。特に子供たちのはつらつとした通学の姿を見ると「子たちが将来の夢を語れるようにしていかなければならない!」と思い、胸も熱くなります。この気持ちを忘れることなく今後も暮らし良さが実感していただけるように果敢に取り組んでまいります。

平成27年1月吉日
寝屋川市議会議員  松本 順一

【 12 】月度市政相談件数

No. 相談内容 件数 No. 相談内容 件数
1環境行政(ゴミ、公害等)7福祉行政(老人、障害、保育等)
2教育行政(学校、社会教育等)8保健・医療行政・ 介護保険(病院等)
3交通安全行政(交通事故、不法駐車等)9商工農業行政(労働、消費者等)
4上下水道行政(雨、汚水、水等)10その他(斡旋、事業相談等)
5建設行政(住宅、土地等)総  件  数22
6土木行政(道路、河川等)